トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

ADHDの原因

「親の育て方」が原因で、ADHDになってしまうの?

友人関係がうまくいかなかったり、学校でのルールが守れない、あるいは先生の指示に従えないのは親の育て方に問題があるわけではありません。 ADHDの子どもは、多動・衝動的な行動から保育園・幼稚園・学校などで、集団生活がうまくできないことが多いものです。 その行動特性からほかの子どもたちと衝突してしまうことが多く、いわゆる「問題児」扱いされてしまうこともあります。

保護者会などの場で、自分の子どもについてそのような指摘をされたら、親としては針のむしろに座らされているような気持ちになることでしょう。 しかし、ADHDの子どもは、生まれつき自分の衝動を抑える能力が不十分なために、多動・衝動的な行動をとるのであって、育て方やしつけとは直接には関係ないのです。 「お宅のしつけが悪いのでは?」と言われたときには、「育て方やしつけの問題ではなく、生まれつきの行動特性である」と、答えてください。 ADHDの子どもも、適切な指導をすることで、集団の場でのさまざまな困難を乗り越えていくことは可能です。


ADHDは「遺伝」する?それとも「環境」が原因?

ADHDの原因は、医学的にはまだはっきりとはわかっていません。
しかし、「家族性」があることや、周囲の「環境」にも原因があると考えられています。

ADHDには、「家族性」があることがわかっています。 家族性というのは、家族に糖尿病や近視の人がいると、自分もそうなる確率が高くなるという意味です。 病気の遺伝子を受け継いだ子どもが、親と同じ病気を発症する「遺伝」とは少しニュアンスが違います。

アメリカで行われたある調査によると、父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもにADHDがあらわれる確率は最大50%だといわれてます。 また、兄弟姉妹にADHDの子どもがいる場合、いない子に比べ5〜7倍の率で発症するというデータもあります。 しかし多動・衝動的な行動に対しては、周囲の対処の仕方で症状の出方は大きく変わります。 ADHDの家族性がある一卵性双生児でも、両方の子が発症する確率が100%ではないのは、成育環境などの影響によるものと考えられます。


ADHDは「大人」になっても治らない?

ADHD特有の脳の働きは、基本的には大人になっても変わりません。
多動性・衝動性はおさまってきますが、注意欠陥を持ち続けることはあります。

ADHDは生まれつきのものですが、環境を変えたり、周囲が適切に働きかけることによって、支障なく社会生活を送ることが可能です。 しかし脳の基本的な働きは変わらないため、大人になっても症状をそのまま持ち続ける人もいます。

アメリカでは子どもの7〜8%にADHDが見られるといわれています。 そして、大人の4.4%がADHDの行動特性を持ち、リタリンという薬を服用しているという報告もあります。 大人の症状では、一般には徐々に「多動」は見られなくなるため、「注意欠陥障害(ADD)」とよばれています。

例えば、物忘れの激しい人が、大事な商談の約束を忘れてしまったら会社に大損害を与えてしまいます。 しかし、これらの人々は、直感的なひらめきを必要とする仕事や、行動力を生かせる仕事が向いていたりします。 できるだけ本人のよい面が生かせるような生活をすることが重要です。







初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック